前髪くせ毛改善・育毛ラボ
65歳まで前髪くせ毛、薄毛、白髪にならないための方法をご紹介!

まとめ一覧

〜〜〜前髪くせ毛を治すためには馬油シャンプー(アズマ商事)を使用するだけ(記事NO1)〜〜〜

前髪くせ毛を治すためには、馬油シャンプーを使用しましょう!

少なくても3ヶ月使用すれば、効果が表れ始めます!

くせ毛→ふわっとしたくせ毛→ふわっとしたストレートの順で改善していきます。

〜〜〜健康な髪を維持し続けるためには育毛促進レメディウム(マリエン薬局)を飲み続けるべし(記事NO2)〜〜〜

前髪くせ毛を改善するためには、健康な髪が不可欠です。健康な髪を生やすためには育毛促進レメディウム(マリエン薬局)を毎日飲みましょう。

髪の伸びが早くなり、将来の薄毛や白髪の心配も無くなります。

〜〜〜健康な髪を維持し続けるためには太白ごま油でうがいをするべし(記事NO3)〜〜〜

くせ毛改善には、長期的に髪と向かい合っていくことが大切です。何かをしながらできる太白ごま油うがいは手間もかからず、リスクもなし、アンチエイジングもできます。

〜〜〜健康な髪を維持し続けるためには遠赤外線サウナを使用せよ(記事NO4)〜〜〜

健康な髪を維持し続けるためには、遠赤外線ダイエットサウナ Relaxでデトックスしましょう!

ただし、使いすぎはくせ毛を悪化させてしまいます、週1回程度使用しましょう!

〜〜〜健康な髪を維持し続けるためにはブロッコリースプラウトを食べ続けよ。(記事NO5)〜〜〜

健康な髪を生やすには、頭皮の血管を健康にしましょう。

毎日のご飯にブロッコリースプラウトをトッピングするだけで、頭皮の血管が健康になり、将来年をとってもくせ毛、白髪知らずになるでしょう。

〜〜〜前髪くせ毛を改善するためには残留塩素を除去せよ(記事NO6)〜〜〜

水道水の残留塩素は、くせ毛の天敵です。長い時間をかけてキューティクを破壊されてしまいます。

毎日洗髪するからこそ、手軽に残留塩素を除去できるように、シャワーヘッドにはこだわりましょう。

〜〜〜前髪くせ毛を改善するためには正しい洗髪方法を実施せよ (記事NO7)〜〜〜

健康な髪を維持し続けるためには正しい洗髪法を実施しましょう。

ポイントは「洗い過ぎないこと(30秒が目安)」と「洗い方を決めておくこと」です。

くせ毛の調子に左右されず、機械的に洗えるようにしましょう!

〜〜〜前髪くせ毛を改善するためには正しい髪の洗い流し方を実施せよ(記事NO8)〜〜〜

適切に髪を洗い流すためには「よく流すこと」と「流し方を決めておくこと」が大切です。

洗い流し不足は絶対に避けましょう。頭皮に大ダメージを与えてしまいます。

コンディショナーは使わないようにしましょう、髪を誤った方法でコーティングしてしまい、くせ毛を悪化させてしまいます。

〜〜〜前髪くせ毛を改善するためには正しい髪の乾かし方を実施せよ(記事NO9)〜〜〜

洗髪後は速やかに、乾かすことが重要です。

ポイントは吸水性の高いタオルと速乾機能がドライヤーの使用がポイントです。

〜〜〜それやっちゃダメー!!(その1)(記事NO10)〜〜〜

くせ毛改善や育毛を行う上では、やってはいけないことを知ることはとても重要です。

普段何気なくしていることが、実はとても頭皮にダメージを与えているかもしれません。

それやっちゃダメー!!(その2)(記事NO11)

小さいことでも、間違ったことを繰り返せば大きなダメージになります。

髪の毛を守ってあげましょう!

髪の静電気を抑えるためには馬油シャンプーを使用せよ(記事NO12)

静電気はくせ毛改善の上でも天敵です。

毎日馬油シャンプーを使用し、髪の毛を保湿してあげましょう!

育毛剤選びで失敗しないためには、育毛剤パッチ法を実施せよ (記事NO13)

頭皮も顔の皮膚も同じ皮膚です。髪の毛が生えるためには、頭皮を健康にすることが大切です。

育毛剤パッチ法で育毛剤と皮膚の相性を確認しましょう。

育毛率100%!?加圧トレーニングで生涯フサフサを目指そう。(記事NO14)

育毛のためには「血流促進」と「成長ホルモンを増やす」ことが重要です。適切な加圧トレーニングはリスクがなく、上記2点の効果を得ることができます。

ジムでのトレーニングが望ましいですが、自宅でのトレーニングもできるようです。

ただし、自宅用のトレーニング用品を、ネットで安易に買ってしまうのは危険ですので、加圧トレーニング専門店で購入しましょう。