前髪くせ毛改善・育毛ラボ
65歳まで前髪くせ毛、薄毛、白髪にならないための方法をご紹介!
育毛関係

【育毛剤より育毛サプリメントが圧倒的に効果あり!】実例とサプリメントが良い3つの理由(記事NO90)

薄毛は内側から直せ!

外側からじゃ全く効かない、浸透しないだよ!

これは私の尊敬する麻雀プロである木原浩一さんのお言葉です。

木原プロは20代前半から薄毛に悩み始め、10年近く育毛剤や育毛シャンプーを使用したが全く効果が出ず、ミノキシジルタブレットなどの飲み薬を使用してから育毛が成功したとのことです。

木原プロはもうすぐ50代ですが、今でも髪の毛はフサフサしておられます。

育毛剤をお使いの方の多くが、発毛、育毛を実感できないという経験をお持ちだと思います。

何か月も使い続けていても、全く効果がみられないのであれば、諦めの気持ちも生まれてしまいますね。

そこで、今回は育毛剤を使っていても効果が実感できない…という方に育毛剤より育毛サプリメントがおすすめな理由を説明させて頂きます。

まぁ坊
まぁ坊
日本の薄毛人口は1300万人もいると言われています。

嫁様
嫁様
日本はアジアでもトップクラスと言われているわ。

育毛剤は点滴のようなもの、根本的な解決にはならない

そもそもなぜ育毛剤を使用すると髪が生えるかですが、

髪は頭皮の毛細血管から栄養や酸素を得て、二酸化炭素や不純物を排出しています。

しかし薄毛の方の多くが、頭皮の毛細血管の流れが悪くなっています(ゴースト血管と言います)。

毛細血管から栄養を得られないと髪が栄養不足になってしまうだけでなく、不純物を排出できなくなるため、頭皮に毒素が溜まってしまい、頭皮環境がどんどん悪くなってしまいます。

育毛剤を使用することで、直接頭皮の毛細血管へ栄養を与え、血流をよくすることができます。

まぁ坊
まぁ坊
育毛剤は言わば点滴のようなものですね。

本来は体質を変えて、体の中から血液の流れをよくするべきですが、

育毛剤は直接頭皮の毛細血管へ栄養を与えるんですね。

嫁様
嫁様
あくまでも暫定的な措置ということね。

育毛サプリメントの場合、体全体に作用することから、体質改善にも繋がり効果が出やすくなります。

育毛剤が効きにくい理由~頭皮環境の悪化のため~

頭皮は脂で毛穴が詰まっていたり、頭皮全体が古い角質でふさがれていたりで、

頭皮の血流が悪く赤くなっています。

このように頭皮の状態が、皮脂の分泌過剰や、極度の乾燥などに陥っている場合、育毛剤をいくら塗布しても効果は表れにくいです。

まぁ坊
まぁ坊
頭皮が過度の皮脂に覆われていると育毛剤が内部まで浸透しにくくなってしまうということですね。

嫁様
嫁様
頭皮の環境が悪い方は、頭皮の奥に皮脂の角栓などができている場合も多いと聞くわ。

一方で育毛サプリメントであれば、頭皮環境に左右されず、効果を得ることができます。

また育毛剤は、頭皮への塗布方法も難しく、人によって得られる効果にばらつきが出やすいです。

育毛剤が効きにくい理由~育毛剤は浸透しにくい~

出典:DEMIのHP

表皮と真皮の厚さは合計で1.4mm程度と言われています。

育毛剤を使用する場合、この1.4mmを超えて皮下組織にある毛細血管まで育毛剤を浸透させなくてはいけないことから、効果が出にくいのです。

基本は毛穴から毛細血管に吸収浸透させることになりますが、薄毛の方は毛穴も締まりやすくなることから、余計に育毛剤が届きにくくなってしまうのです。

まぁ坊
まぁ坊
毛穴の奥に入り込んでいる皮脂は普通のシャンプーでは取りにくいものです。

嫁様
嫁様
だからと言って、洗浄力の強いシャンプーを使い続けてしまうと、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまって、頭皮環境が悪くなってしまう。

まぁ坊
まぁ坊
これは薄毛の方の陥りやすい罠なんですよね。

育毛剤を使うために頭皮の皮脂を落とし過ぎてしまい、頭皮環境を悪くしてしまう。

さらに育毛剤の成分が体に合わないと、余計に頭皮環境を悪くしてしまうのです。

嫁様
嫁様
育毛の第一人者であるルチアの東田雪子先生も、このようにして薄毛になっていく人が多いと言っていたわね。

育毛剤が効きにくい理由~育毛剤は種類が多い~

現在楽天で育毛剤と検索すると1万7千件ほど商品がヒットします。

逆に育毛サプリメントであれば550件ほどになります。

理由は育毛剤は化粧品の一種であることから、多くの会社が様々な成分で作っているためです。

そのためどの育毛剤が自分の体質にあうか判断が難しく、育毛剤の選択がとても難しいのです。

まぁ坊
まぁ坊
育毛剤は効果よりも広告が全てと言われるくらいであり、ネットの誤情報に惑わされてしまう方が多いのです。

嫁様
嫁様
育毛サプリメントであれば数そのものが少なく成分もシンプルだから、選びやすいによね。

まぁ坊
まぁ坊
育毛剤は成分が様々であるため、副作用も様々あるため、そういった意味でも怖い部分はありますね。

育毛剤と発毛剤の違いは?

育毛剤と発毛剤は、よく混同されてしまいがちですが、それぞれが異なる目的や役割を持っています。

育毛剤は、「いま生えている髪の毛の維持にアプローチする」もの。将来起こるかもしれない薄毛や抜け毛を予防し、毛髪の健康を維持していくために使うものです。

発毛剤は、「いま生えていない髪の毛を生やし、毛量を増やす」ためのもの。AGA(壮年性脱毛症または男性型脱毛症)によって起こる薄毛や抜け毛を治療して改善するために使うものです。

育毛剤と発毛剤は、薬機法(旧薬事法)でも、その分類がはっきりと分けられています。

育毛剤は、悩みの予防や現状の維持に使われる「医薬部外品」として、発毛剤は疾患や症状を治療・改善する「医薬品」として、それぞれ厚生労働大臣に認定されています。

まぁ坊
まぁ坊
また育毛剤は1本あたり5000円くらいするものも多く、金銭的に負担がかかってしまうんですよね。

嫁様
嫁様
サプリであれば1ヶ月で1000円くらいのものが多いわね。

育毛剤は育毛できてるか分かりにくい

育毛剤は効果が実感できにくいという点もあります。

育毛がうまくいくと当然髪が生えるだけではなく、髪の伸びるスピードが早くなります。

しかし髪はその日のコンディション(日によってふわっとしていたりべたついていたりするため)によって変わるため、いまいち髪が伸びているか判断しにくいのです。

しかし育毛サプリメントであれば体全体に作用するため、髪だけではなく爪も伸びやすくなるのです。

そのため育毛サプリメントであれば爪の伸びを見て効いているか判断できますが、育毛剤の場合判断が難しいため、自分に合わない(効いていない)育毛剤を長い期間使ってしまうことにもなりかねないのです。

まぁ坊
まぁ坊
爪も髪も神経がなくケラチンでできているという点が似ているんですね。

私は10年以上育毛促進レメディウムを飲んでいるのですが、爪は週3回ほど切っています。

嫁様
嫁様
まぁ坊は爪の伸びる速さが異常よね。

まぁ坊
まぁ坊
圧倒的な育毛力は圧倒的な爪の成長を生むのです。

まとめ~育毛剤より育毛サプリメントを選ぼう~

育毛剤は頭皮の毛細血管へと直接作用することで効果を得られますが、効果は一時的なものであり、頭皮環境や毛穴の状況によっては、育毛剤が毛細血管へ届かないこともあります。

また育毛剤は種類も多く、副作用も様々であり、値段も高価であることから、育毛剤の選択はとても難しく、ネットの誤情報に騙されてしまう方がたくさんいます。

一方育毛サプリメントであれば体全体に作用することから、安定して効果を得られ、根本的な体質改善にもなります。

また育毛剤に比べて種類が少なく成分も分かりやすい物が多いことから、商品の選択をしやすく、金銭的にも育毛サプリメントの方が買いやすいです。

他にも育毛サプリには、爪の伸びを見ることで効果を確認しやすいメリットもあります。

⭐️AGA治療薬フィナステリドと同等の効果がある!⭐️

おすすめの関連記事

【艶花実インナーケアサプリで薄毛対策、白髪対策】効果や成分、口コミをご紹介します!(記事NO208) 最近ボリュームが減ってきた シャンプー後の抜け毛が気になる ちょこちょこ目立つ白髪をどうにかしたい! 皆様もこのような悩みをお持ちな...
【SHEE+サプリメントで薄毛対策、白髪対策】効果や成分、口コミをご紹介します!(記事NO209) ボリュームが減ってきた シャンプー後の抜け毛が気になる ちょこちょこ目立つ白髪をどうにかしたい! 皆様もこのような悩みをお持ちなので...
【ブロッコリースプラウトのサプリメントで薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】スルフォラファンの育毛効果や成分、口コミをご紹介します!(記事NO88)これまでこのサイトでは、育毛のスーパーフードしてブロッコリースプラウトを紹介してきましたが、今回はブロッコリースプラウトのサプリについて...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。