前髪くせ毛改善・育毛ラボ
65歳まで前髪くせ毛、薄毛、白髪にならないための方法をご紹介!
育毛関係

【育毛のためのデトックス】食物繊維と乳酸菌で便秘を解消して薄毛予防〜毎日快便を目指そう〜(記事NO98)

皆様は便秘やおなかの不快感など、お通じにお悩みではないでしょうか?

よくお通じが悪くなると、肌荒れや体調不調の原因になると言われますが、実は薄毛の原因にも大きく関わっているのです。

これまでこのサイトでは、育毛のためのデトックスとして、

遠赤外線サウナや水分摂取の重要性などをご紹介しましたが、今回は体内のデトックスの大部分を占める排便について説明させて頂きます。

便秘による薄毛の原因①~腸内で毒素が生成される~

腸内の悪玉菌が増えると腸の機能が衰え、本来排出されるべき毒素や老廃物が体内に溜まっていきます。

腸に溜まった食べ物は排出されないまま腐敗し、有毒ガスが発生しやすくなり、それらが再吸収され、血液を介して全身に行き届いてしまいます。

そうすると頭皮の毛細血管にも毒素が送られることになり、頭皮環境を悪化させ、薄毛の原因になります。

まぁ坊
まぁ坊
髪は頭皮の毛細血管から栄養や酸素を得ていますが、栄養の代わりに毒素が送られてきてしまったら、髪はすぐ抜けてしまいますね。

嫁様
嫁様
血液が汚れていると、薄毛以外にもいろいろな病気になっちゃいそうね。

腸内環境にはたくさんの『菌』がいる

腸内細菌は、大きく3種類の「善玉菌」「悪玉菌」そして「日和見菌」があります。

乳酸菌やビフィズス菌などは「善玉菌」です。

大きく3種類に分けましたが、細かく分けると100種類以上あり、100兆個もの腸内細菌が住んでいます。

腸内にこれらがひしめき合ってる様子を色とりどりの花が咲くお花畑とかけて「腸内フローラ」と呼ばれています。

この「腸内フローラ」における「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」のバランスが、毎日の健康・美容に大きな影響を与えているのです。

まぁ坊
まぁ坊
また髪は麻薬の常習歴でも確認されるように、毒素が蓄積されやすいので、育毛の上では毒素は天敵ですね。

便秘による薄毛の原因②~栄養の吸収効率が悪くなる~

便秘であるということは、腸がうまく働いていない状態です。

食べ物をしっかりと分解して消化吸収できないため、腐敗してしまい有害物質が生成してしまうのです。

健康な髪の毛を維持するには、必須アミノ酸を初めてとする、ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取する必要があります。

腸内に悪玉菌が増えすぎた場合、せっかくバランスよく栄養を摂取したとしても、その吸収効率がとても悪くなってしまいます。

嫁様
嫁様
便秘とは体内に大量の毒素を抱えてしまっている状態だし、腸の働きが悪くなってしまうのは当然よね。

まぁ坊
まぁ坊
いくら髪に良い栄養をとっても、毒素で台無しになってしまうということですね。

近年腸に関する研究が飛躍的に発展し注目を集めています。

なぜそれほど注目されているのか?

それは身体の健康や美容への影響の大きさに他なりません。

腸は「第二の脳」と呼ばれています。

人が誕生する時に最初に作られるのは脳では無く腸です。

そして、様々な情報を受け取る神経細胞が張り巡らされ、

脳から独立して働くことが出来る唯一の臓器です。

便秘による薄毛の原因③~免疫機能の低下につながる~

腸内環境と免疫機能は密接な関係があり、腸内に悪玉菌が増えすぎると免疫力が低下しさまざまな病気にかかりやすくなります。

毎日快便で腸内環境が良い人は、肌がキレイで髪も健康に、疲れにくく、ストレスにも強くなります。

慢性的な便秘で1週間に1~2回しか便がでない人は、肌荒れが酷く、髪もパサつきやすく、抜け毛も多くなります。

まぁ坊
まぁ坊
他にもストレスがたまると交感神経が優位になり、血液は筋肉や脳に優先的に送られるため、頭皮の毛細血管に血液が行きにくくなってしまいます。

嫁様
嫁様
頭皮の毛細血管の血流を良くするためには、副交感神経を優位にしないといけないわね。

自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、みなさんの意思とは関係なく24時間働き続けています。

昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」と、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります。

便秘解消のためには食物繊維を摂取しよう

便秘を解消するために積極的に取りたいのが、食物繊維です。

食物繊維には水溶性・不溶性の2種類があります。

不溶性食物繊維は穀物や豆類・きのこ・芋類・野菜・果物などに多く含まれており、腸を刺激し、排便の量を増加させる働きがあります。

ただ、もともと便が硬い人などが、不溶性食物繊維を大量に摂取すると、

逆に便が硬くなり便秘が悪化してしまうこともあるようなので、摂取量には注意が必要です。

水溶性食物繊維は海藻やこんにゃく、大麦などに多く含まれており、水に溶けて便を柔らかくしてくれる働きがあります。

便秘の人は意識して摂取していただきたい栄養素になります。

ごぼうや大豆類・なめこなど食材によっては両方の食物繊維を多く含むものもありますので、うまく組み合わせて取り入れていきましょう。

まぁ坊
まぁ坊
便が硬い人は水溶性食物繊維をとった方がよく、逆に柔らかい人は不溶性食物繊維を摂取した方がいいということですね。

嫁様
嫁様
自分にあった食物繊維を摂取したいわね。

アサイーがおすすめ!

アサイーには食物繊維が”ごぼうの約3倍”入っており、便秘解消にいい上に、

ポリフェノールや鉄分も入っているため、血流も良くなることから、

育毛のスーパーフードと言えます。

牛乳やヨーグルトに簡単に混ぜられる、パウダータイプでとるといいですよ!

⭐️アサイーパウダーを見てみる⭐️

楽天で見てみるamazonで見てみる

便秘解消のためには乳酸菌を摂取しよう

便秘解消には乳酸菌もおすすめです。

乳酸菌が腸内で増殖すると、乳酸や酢酸といった有機酸が作られます。

この乳酸菌の代謝物が腸内を弱酸性にすることで、同じく腸内に生息している悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。

悪玉菌が住みにくくなるような環境を整えてくれると同時に、有機酸は腸の蠕動運動を促す働きも持っているのです。

乳酸菌を摂ることは、便秘を予防し、便秘解消させるために非常に役立つ手段であり、便秘に悩む人たちにとっては強い味方だといえるでしょう。

嫁様
嫁様
ちなみに私は『プロビオヨーグルトR-1』をのみ始めてから便秘が治ったわ。

まぁ坊
まぁ坊
自分はこれを飲み始めてから、花粉症が軽減され、風も引きにくくなりました。

嫁様
嫁様
アサイーと合わせて取れば無敵ね。

⭐️プロビオヨーグルトR-1を見てみる⭐️

楽天で見てみるamazonで見てみる

まぁ坊
まぁ坊
腸を健康にすることで、薄毛予防だけではなく、日々の体調も良くなります。

毎日腸に良い食事を取りたいですね!

嫁様
嫁様
アサイーパウダーや飲むヨーグルトなどで気軽に腸活ね!

おすすめの関連記事

【家庭用遠赤外線サウナで薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】遠赤外線のデトックス効果で頭皮の毒素を取ろう(記事NO4) 遠赤外線ダイエットサウナ Relax 普段の生活の中では、なかなか汗をたっぷり流す機会は少ないもので...
【水を飲みすぎると薄毛になる!?】薄毛(ハゲ)予防、白髪予防のためには1日2リットル(体重50kgの場合)の水分を摂取しよう(記事NO44)今回は育毛の上で重要となる、血流を良くする方法をお伝えします。 血流を良くする方法は、主に血流量を増やす、血液をサラサラにする、血管を丈...
マインドフルネス呼吸法で頭冴えまくり、髪生えまくり (記事NO41)このサイトではこれまで、ストレスから髪を守るためにマインドフルネス呼吸法という瞑想を紹介させて頂きましたが、私自身もその記事を紹介してか...
【アサイーで薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】普段の食べ物にちょい足しするだけで育毛の食事に大変身! (記事NO97)皆様はアサイーという食材をご存知でしょうか? 一時はスーパーフードとして、テレビや雑誌などでよく紹介されたていました。 最近はあまり聞か...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。