前髪くせ毛改善・育毛ラボ
65歳まで前髪くせ毛、薄毛、白髪にならないための方法をご紹介!
育毛関係

【将来絶対にハゲたくない!】育毛のためのするべき10の法則

「将来薄毛になりたくないっ・・・!」

男性であれば誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

ですが薄毛の原因は複数の要因が絡んでいるため、これだけやれば将来薄毛にならないと言えないのが難しいところです

今回はそんな薄毛の原因をできるだけシンプルにご説明し、誰でもできる10の方法をお伝えいたします。

薄毛のメカニズム

髪が生えるための仕組みは、大まかには上記のようになります。

○血流

髪の成長を行う上で最重要となります。

髪は頭皮の毛細血管から栄養や酸素を得て、不要物や二酸化炭素を排出しています。

血流がなくなるということは、言わば呼吸ができないようなものなので、即薄毛に繋がります。

○腸

腸は胃や小腸、大腸などから成り立っており、血液を作る重要な器官です。

食事の栄養などが不足すると、十分な血液が作れなかったり、ドロドロとした質の悪い血液になってしまったりするため薄毛に繋がります。

○自律神経

自律神経とは、人が意識して動かせない臓器等の動きを調整する神経となります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、育毛のためには副交感神経を優位にする必要があります。

副交感神経が優位になると、体がリラックスした状態となり、血管が広がるため、体の末端まで血液が供給されることになるため、育毛に良い状態となります。

○成長ホルモン

成長ホルモンとは髪が成長する力と言えます。

髪が生える=成長ホルモンの量×血液からの栄養

若い時ほど成長ホルモンは多く分泌されるため、多少食生活が乱れて、髪に供給される栄養が少なくても、若い人の場合は髪は抜けることはありません。

逆に年配の人の場合、成長ホルモンの量が少なくなるため、若い時と同じように髪を成長させるためには、栄養の濃度をあげる必要があります。

○毒素

髪は薬物の常習歴を調べる際に使われるように、髪には不純物を吸収し成長する性質があります。

しかし油っぽい食べ物やコンビニのお弁当など毎日にように食べてしまうと、油や食品添加物の大量の毒素によって、髪は抜けてしまいます。

○AGA

AGAとは男性ホルモンである『テストステロン』と、皮脂腺から分泌される『5α-リダクターゼ』という酵素によって、悪玉男性ホルモンが生まれ、通常2年~6年かかる髪の毛の生え変わりサイクルを短縮してしまいます。

テストステロンや5α-リダクターゼという酵素は、人によって分泌量や働きの強さが違うため、AGAの影響の受けやすさにも差が出てくるのです。

以上が育毛の関係する項目の概要となります。

続いて、上記の項目を受けてどういう対策方法があるのかご説明いたします。

薄毛予防のための10の方法

〈その1〉ブロッコリースプラウトを食べる(腸への栄養補給)(AGA対策)

ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです。

スルフォラファンという成分により、血流が良くなり、AGAの抑制効果もあります。

最強の育毛食材の1つと言えます。

【育毛のための食事】薄毛や白髪対策のためにはブロッコリースプラウトを食べよう(記事NO5)(R2.4.18更新)TBSで放映された「名医のTHE太鼓判!医師が選ぶ体にいい食材総選挙」で一気に有名になったブロッコリースプラウト。 育毛にも白髪対策にも...

〈その2〉イワシ缶を食べる(腸への栄養補給)

EPA(エイコサペンタエン酸の略)の効果によって、血液がサラサラになり、血液の栄養素も上がります。

また頭皮の環境改善効果が凄まじく、早い人であれば数日で頭皮の赤みがなくなったとの報告も届いているそうです。

【イワシの缶詰で薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】普段の食事にプラスするだけで育毛の食事の大変身! (記事NO55)昔からイワシの缶詰が育毛に良いと言われていました。 しかし育毛のためにわざわざイワシ缶を食べる方はあんまりいなかったように思います。 そ...

〈その3〉マインドフルネス呼吸を行う(自律神経を整える)

人はぼーっとしているつもりでも、頭の中では過去や未来のことを考えてしまいがちです。

未来や過去のことを考えることは、脳にとっては疲労の原因となってしまいます。

脳が疲労すると、自立神経が乱れてしまい、血液の流れが悪くなってしまうため、薄毛の原因となってしまいます。

マインドフルネス呼吸法で頭冴えまくり、髪生えまくり (記事NO41)このサイトではこれまで、ストレスから髪を守るためにマインドフルネス呼吸法という瞑想を紹介させて頂きましたが、私自身もその記事を紹介してか...

〈その4〉ガムを噛む(自律神経を整える)

メジャーリーガーがガムを噛んでいるのは、平常心を保ち(自律神経を整えて)脳を活性化させるためです。

例えば毎日の通勤や通学時にガムを噛むだけでも自律神経を整えることができます。

またガムを噛むとこめかみなども動くため、顔や頭皮のマッサージにも繋がります。

【ガムで薄毛(ハゲ)予防】咀嚼(そしゃく)効果で自律神経や血流を整えて育毛しよう!(記事NO179)皆様は普段ガムを噛んでいますか? ガムを噛んでいる人というとメジャーリーガーが思い浮かびますね。 運動科学の最先端であるアメリカで、今だ...

〈その5〉就寝時にラベンダーのアロマをたく(自律神経を整える)(成長ホルモンを増やす)

ラベンダーには強烈なリラックス作用があり、昔は薬として使われていました。

匂いは直接脳へ作用するため、自律神経を整えるには効果的であり、またラベンダーには睡眠導入効果もあるため、睡眠による成長ホルモン増加も期待できます。

【質の良い睡眠で薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】ラベンダーのリラックス効果で育毛をしよう! (記事NO176)健康のため、美容のため、そして薄毛予防のために大切なのは睡眠です。 睡眠は一番お金がかからない予防であり治療でもあると言えます。 最近で...

〈その6〉水分を1日2リットルとる(毒素をとる)

私たちの体は60%近くが水分でできており、血液の大半も水分でできています。

そのため水分が少なくなると、血液の量が減ってしまったり、血液がドロドロになってしまったりと、髪への血液の供給量が減ってしまいます。

また血液は頭皮に溜まった毒素を排出する役割もあるため、デトックスの意味でも水分は重要となります。

【水を飲みすぎると薄毛になる!?】薄毛(ハゲ)予防、白髪予防のためには1日2リットル(体重50kgの場合)の水分を摂取しよう(記事NO44)今回は育毛の上で重要となる、血流を良くする方法をお伝えします。 血流を良くする方法は、主に血流量を増やす、血液をサラサラにする、血管を丈...

〈その7〉遠赤外線サウナを使用する(毒素をとる)

頭皮の毒素排出の有効な方法は汗をかくことです。

特に遠赤外線サウナは、遠赤外線の効果で普段は取れないような身体の奥深くにある毒素を取ってくれます。

【家庭用遠赤外線サウナで薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】遠赤外線のデトックス効果で頭皮の毒素を取ろう(記事NO4) 遠赤外線ダイエットサウナ Relax 普段の生活の中では、なかなか汗をたっぷり流す機会は少ないもので...

〈その8〉大豆商品を食べる(AGA対策)

きな粉や納豆などには、大豆イソフラボンという成分があります。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きがあると言われており、女性ホルモンにも5aリダクターゼの活動を抑制し、男性ホルモンとの結合を防ぐ働きがあるため、大豆イソフラボンを摂取することで、AGAの治療ができるのです。

【大豆の水煮で薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】大豆に含まれるイソフラボンやタンパク質で育毛しよう (記事NO178)大豆が体に良いとは耳にしますが、実際に身体にどのような効果があるのか、よくわからない方も多いのではないでしょうか。 例えば大豆に含まれる...

〈その9〉バナナを食べる

バナナの皮に含まれるシクロユーカレノンには、5aリダクターゼの活動を抑制する効果があります。

バナナの皮ごとミキサーにかけたり、バナナのピューレを食べるなどの方法がありますね。

【バナナで薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】スナック菓子などの間食を変えるだけで強烈な育毛おやつに大変身!? (記事NO180)日本バナナ輸入組合が実施した「バナナ・果物消費動向調査」では、10年以上連続でよく食べる果物1位に選ばれているバナナ。 スーパーやコンビ...

〈その10〉加圧トレーニングをする(成長ホルモン増加)

髪を成長させる大きな要因として成長ホルモンというものがあります。

成長ホルモンは髪だけではなく、骨や筋肉も成長させるホルモンです。

成長ホルモンは年齢とともに減っていき、思春期を100%とすると、30~40代は25%まで減り、60代では15%まで減ると言われています。

本来は睡眠時に分泌されるものなのですが、加圧トレーニングを行うことで、思春期並みの成長ホルモンを分泌させることが可能となります。

【実体験:自宅用加圧トレーニングウェアを買ってみた】成長ホルモン薄毛予防、白髪予防 (記事NO19) 商品名 加圧トレーニング専用ウェア<カーツ> 販売元:Copyright © KAATS. 男性用シャツ ...

まとめ

今回は薄毛予防を考えている皆さまへ、育毛のメカニズムと10の対応策をご紹介させていただきました。

薄毛予防というと、安易に育毛剤や育毛シャンプーを使用しがちですが、育毛剤や育毛シャンプーにはリスクがあり、

正しい商品を選ばないと、薄毛予防を始めたがゆえに、薄毛を進行させてしまった、なんてこともありえます。

今回お伝えした方法は全くリスクがなく、健康的に育毛ができますので、ぜひ試して見てくださいね!

【65歳まで薄毛(ハゲ)、白髪予防】おでこが広くて、髪が細くて、親が薄毛でも生涯フサフサを目指す!「将来薄毛になりたくない」 「髪が細いから、将来ハゲちゃうかもしれない」 「父親やじいちゃんが薄毛だから、自分もきっとダメだ」 男性なら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。