前髪くせ毛改善・育毛ラボ
65歳まで前髪くせ毛、薄毛、白髪にならないための方法をご紹介!
育毛関係

【コロナ抜け毛の原因と対応策】マインドフルネスとカーフレイズで育毛しよう!(記事NO96)

新型コロナウイルスが騒がれ出して既に半年以上経ちますが、未だに家で過ごす時間は長いですね、

外出好きの方にとってはストレスが溜まっていることと思います。

そういったストレスなどが原因で薄毛になる方も増えているそうです。

『コロナ抜け毛』という言葉がヤフーのトレンドワードで1位になったり、ニュースでも何度か取り上げられましたので、ご存知の方も多いかもしれません。

今回はコロナウイルスによるストレスと薄毛の関係について説明させて頂きます。

嫁様
嫁様
コロナになって、さらに薄毛になったら辛いわね。

まぁ坊
まぁ坊
薄毛の方はコロナウイルスが重症化しやすいとも言われています。

精神的ストレスにはマインドフルネスで対応

精神的なストレスによる影響として、血行不良が挙げられます。

私たちは自律神経によって血行をコントロールしていますが、強いストレスを受けると、自律神経に乱れが生じたり、筋肉が緊張することで、血管の収縮を引き起こしたりすることが知られています。

血管が収縮すると、血流が減少して、次第に血行が悪くなっていきます。

まぁ坊
まぁ坊
日中は交感神経が優位になり、体が活動的になります。

交感神経が優位になると血管は収縮し、血液は脳や筋肉へ優先的に送られます。

嫁様
嫁様
逆に夜は副交感神経が優位になり、体がリラックスするわ。

副交感神経が優位になると、血管が広がり血液は体全体へまんべんなく送られるわね。

まぁ坊
まぁ坊
血液の絶対量は変わらないので、血液が脳や筋肉に優先的に送られてしまうと、

頭皮の毛細血管へは血液が送られにくくなってしまうんですね。

嫁様
嫁様
髪は頭皮の毛細血管から栄養や酸素を得て成長するから、頭皮の毛細血管の血流は重要ね。

まぁ坊
まぁ坊
頭皮は体の末端にあるため、重力に逆らうように血液を送らないといけないので、ただでさえ血液が行きにくいんですね。

ストレスを解消する(副交感神経を優位にする)方法としてマインドフルネス呼吸法というのがあります。

マインドフルネスとは、「“今ここ”に意図的に意識を向け、ありのままに受け入れている状態」を指します。

元々は仏教の教えに由来した思想ですが、近代になって宗教色が排除され、医療プログラム・ビジネススキル・自己啓発スキルとして広まっていきました。

現在ではyahooやGoogle、Facebookなどの大企業や多くプロスポーツ選手が実践していることでも話題になり、メンタルコントロールメソッドとして大きな注目を集めています。

まぁ坊
まぁ坊
人はぼーっと何も考えないでいることは意外に難しく、お風呂に入っている時や、ご飯を食べている時でも、

日中に起こったことや次の日のことなど、脳は未来や過去に行ってしまっていることが多いのです。

嫁様
嫁様
思考が過去や未来に飛んでしまうと脳は常に働いている状態になり、脳疲労が脳ストレスにつながってしまうのよね。

まぁ坊
まぁ坊
マインドフルネス呼吸法で今に集中することで、脳を休ませ、ストレスが解消できると言われています。

嫁様
嫁様
脳が休まれば、体がリラックス状態になり、副交感神経が優位になるということね。

マインドフルネス呼吸法の詳しい方法は下記の記事をご覧ください。

マインドフルネス呼吸法で頭冴えまくり、髪生えまくり (記事NO41)このサイトではこれまで、ストレスから髪を守るためにマインドフルネス呼吸法という瞑想を紹介させて頂きましたが、私自身もその記事を紹介してか...

身体的なストレスにはカーフレイズなどの運動で対応

新型コロナウイルスによりお家時間が増えたことや、人となるべく接しないために車や電車での移動が増えたことで、一日に歩く距離が劇的に減ったといわれています。

まぁ坊
まぁ坊
テレワークも増えましたし、多くの方が運動不足になっていますね。

嫁様
嫁様
太っちゃって困るわ。

運動不足は抜け毛や薄毛にも関連していきます。

運動不足になると筋肉が凝り固まり、血行が悪くなり、血行不良になれば十分な栄養が頭皮にも届けられなくなるからです。

まぁ坊
まぁ坊
重要なのは太ももの筋肉ですね。

嫁様
嫁様
太もも?

血流には動脈と静脈があり、動脈は心臓のポンプで血液が流れておりますが、静脈は筋肉の動きのみで血液を流すことになります。

特に太ももなどの足に溜まった血液は、太ももの筋肉で血液を上に(足から心臓に向かって)送らなければならないため、重力に逆らうような形になり、血液が溜まりやすくなります。

まぁ坊
まぁ坊
足に血液がたまると、足がむくんだ状態になります。

足に血液がたまることで、相対的に頭皮に行く血液の量は減ってしまいます。

嫁様
嫁様
なるほど。

血液の総量は変わらないから、足に血液が多く溜まれば、他の部分には血液が行きにくくなってしまうということね。

まぁ坊
まぁ坊
太ももはこう言った重要な機能があることから、第2の心臓と言われています

太ももを鍛える有効な方法としてカーフレイズという運動があります。

カーフレイズとはふくらはぎを鍛える運動のことで、立ったままかかとを上げ下げするだけです。

テレビなどを見ながら簡単にできますので、もし興味を持たれましたら下記の記事をご覧下さい。

【カーフレイズで薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】運動で下半身を鍛えれば育毛できる!(記事NO45)新型コロナウイルスの影響で外出自粛になり、自宅で過ごすことが多くなっているのではないかと思います。 私もそうなのですが、家にいるとずっと...

まとめ

コロナウイルスの自粛の影響として、

①精神的なストレス

交感神経が優位になることで、血液が頭皮の毛細血管へ行きにくくなり、薄毛の原因になる。

⇨マインドフルネス呼吸法で対応する

②運動不足

運動不足により静脈の流れが悪くなり、特に太ももに血液が溜まりやすくなることで、頭皮の毛細血管への血液量が減ってしまい薄毛の原因となる。

⇨カーフレイズで対応する

⭐️AGA治療薬フィナステリドと同等の育毛効果⭐️

おすすめの関連記事

【AGA(男性型脱毛症)のセルフチェック】自分で検査する方法とお値段は?(記事NO103)薄毛の原因として代表的なのがAGA(男性型脱毛症、Androgenetic Alopecia)。 AGAに悩まれている方は多いと思います...
【スマホ首で薄毛(ハゲ)予防、白髪予防】首のコリを簡単に解消する4つの方法(記事NO101)皆様はスマホ首という言葉を聞いたことはあるでしょうか? スマホを見るために首が前のめりになってしまっており、その時間が長く続くとスマホ首...
【安易に育毛剤を使用するのは危険】育毛剤〇〇日間全額返金保証の罠(記事NO104)最近多くのメーカーが行なっている「育毛剤使用しても〇〇日間以内なら全額返金保証」という取り組みがあります。 たとえ育毛剤を全て使用しても...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。